大きな発展

住宅街の路地

横浜は首都圏第二の大都市ですが、県内ではもっとも広い面積を確保した市であり、想像以上に様々な特産品がそろっているのです。
まず場所柄食べ物は豊富で、中華街で有名な中華菓子、そしてお弁当などでも人気のあるシューマイ、また日本春で販売されたアイスクリームなどは特産品として非常に人気が高くなっています。
またビールもこの地がかなり早い段階製造されたことから人気となっており、様々な商品がおみやげ用にも販売されています。
そのほかにも早くから外人の居留民が多く居住したことなどもあってスカーフが非常に有名な特産品となっているのです。
これもまた横浜ならではの特産品アイテムといえるでしょう。
そして最近ではブランド農産物も人気になっています。

横浜は江戸の幕末から新しい港湾都市として賑わいを見て、国内でもいち早く鉄道が開業するなど、とにかく新しい仕組みや商品といったものが多く導入されることとなりました。
そのため食品や飲料などでも国内初のものが多く、こうしたものが名産品や特産品として今も継続した人気を博しているのです。
また地域的に面積が広く、農産物などもかなり多様に栽培されていることからブランド野菜が人気になるなど、想像以上に多様な商品を生み出すエリアになっているのです。
たんなるモダンな観光都市ではなく、しっかりとして製造や生産に裏打ちされた名産品が多く生み出されているエリアでもあるのです。
こうしたことがまた横浜の人気に繋がっているといえるのです。