住宅利用

ぶらり散歩

神奈川県横浜市は大都市であるだけに住みやすさという点では非常に満足での高い街ですが、具体的なポイントとしては鉄道網の発達を挙げることができます。
まず市の南北には、JRの3路線が走っています。
JR京浜東北線は臨海部を、JR東海道線及び横須賀線は内陸部をそれぞれ縦断しており、市内の主要地域を結んでいます。
そしてそのちょうど中間部を京浜急行線が通っています。
一方、市の中心部から西に向けては相模鉄道線及びJR横浜線が、北部に向けては東急東横線が通っています。
さらに北西部及び南西部には近年、横浜市営地下鉄が相次いで延伸しています。
各路線の乗り継ぎも便利なため、市内のほぼ全域に公共交通機関のみで行くことができるようになっています。

それでは日々の暮らしやすさはどうかというと、これは地域ごとに非常に特色が異なります。
まず便利さを求めるなら、中区・西区などの中心部が適しています。
大規模な商業エリアやビジネスエリアを持ち、著名な観光スポットもほとんどこの地域に集中しています。
住環境の良さという点では、北西部の青葉区や緑区などが充実しています。
この辺りは1980年代にはテレビドラマの舞台にもなったほどの高級住宅地として知られています。
自然の豊かさに触れられる地域としては、南部の戸塚区・栄区・泉区などに貴重な山林が残されています。
その多くは市民公園として整備され、気軽に散策することができます。
また金沢区には漁港や市内唯一の海水浴場があり、海の恵みを堪能することができます。